スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮

幼児連れの旅は楽ではないけれど、家族で伊勢参りをすることにしたのだ。
その日はちょうど天皇が参拝する予定の最終日と同じ日で、道路際の歩道には日の丸を掲げた人が、マラソンランナーを待つ観客のように立っているのを見かけた。

伊勢神宮は、天照大神を祀っている「皇大神宮」(内宮)と豊受大神を祀っている「豊受台神宮」(外宮)の二つを中心として、他にも多数の別宮や摂社、末社などを総称して“神宮”という。

参拝は外宮からとガイドにあったので、その日は朝一番で外宮まで行き、衣食住と産業の神という豊受大神を拝みに行った。敷地内は背の高い杉の木で囲まれており、強すぎる朝日にも木漏れ日が優しかった。



メインとなる正宮は20年ぶりに立て替えられただけあって見るからに新しい。



そしてすぐ隣には古殿となった社殿がそのままになっており、20年後に再び新しく生まれ変わるのを待っているのだ。



これは皇大神宮の場合も同じで、正殿の真隣に古殿地がそのままになっている。

外宮の敷地内には「せんぐう館」という資料館があって、社殿の模型を間近で見られるための現物大の展示などがある。
私がその展示を見終わった頃に、ちびっこ怪獣が眼を覚ましたので、手水舎の傍で石ころ遊びをした。



丸っこい石が大量にあることに目を輝かした彼は、懲りずにひたすらじゃらじゃら。
通りかかった男性が「うちの娘も石大好きなんですよ」と声をかけられてしまった。



これは内宮の入り口、宇治橋の所。平日昼間だというのにこの人だかり。

内宮の敷地内も半端なく広い。歩いて正宮までたどり着くのにかなりの時間がかかる。
途中、五十鈴川の御手洗場というところがあって、ここで心身を清めるとあったので、川の水に指先を浸してみたら、とても冷たかった。



大混雑の中、正宮を参拝。
写真には人は写してないけれど、この鳥居の下は人でいっぱい。



20年経つと茅葺屋根もこんな風になる。



混雑といえば内宮の入り口にたどり着くまでの参道である“おかげ横丁”も相当の混みようであった。



私の場合、"花より団子”ではなく、“団子より花”なので、それほど横道は逸れなかったけれど、お土産には赤福と、伊勢独楽を買って帰ることにした。



甘い。ものすごく甘い。
はじめて食べたけれど、これは普通の饅頭と逆で、餡子の中に持ちが入っているという感じ。
見た目が餡子の塊で見た目通り甘かった。

花桃まつり

中川の河川敷で花桃まつりというのが毎年恒例である。
今年も自転車を走らせ、花の様子を見に行ってみたらとても見事だったので写真に収めた。







菜の花が畑一面を黄色に塗って、空に花粉を舞い上げていた。

大洗水族館

茨城の大洗水族館へ行くのはこれが二度目である。
一度目は2006年の9月であったことを確認した。
その頃、鮫ブームが続いてた息子のために、この水族館をネットで調べ、「鮫」のためにわざわざ長旅となる列車の旅を計画したので私はよく覚えていた。
がしかし、その当人は7年前のことなどすっかり忘れていて、全く記憶にない様子だった。



今回はパパが行こうと言い出したのだ。
きっと幼児でも中学生でも楽しめる場所を考案したのだろうけれど、中学生の方はそれほど楽しんでいる様には見えなかった。私と同じペースで水槽を適当に眺めていく。
1歳児は水槽の中をうごめく「さかな」に視線を動かすものの、彼はこれをどう感じているのか、私には見当もつかない



私のお気に入りはクラゲである。
クラゲの水槽だけは写真を撮ろうと気持ちが動く。



毎度おなじみミズクラゲ。
それから下はサムクラゲ。別名目玉焼きクラゲともいうらしい(見た目からね)。



この触手の長い、線のようなクラゲはギヤマンクラゲ。
これでよく絡まらないなぁと関心してしまう。



魚は眼があるし、一見、眼がないような生き物でも形が気持ち悪かったりすると、悪寒を覚えることしばしばだが(よくこれで生物学科出身である)、クラゲは透明度が高いほど美しく感じる。



冬の大洗海岸。
晴天下では冬の海でもすがすがしく青かった。

2014年、あけましておめでとうございます

2014年があけてしまいました。
ブログは今年も細々と書いていこうと思います。



年末に長野に行き、ふと車を止めたところに小さな池。
近づいてみると、凍っていた。
試しに小石を投げてみたら、すすーっと小気味よくどこまでも滑っていった。

良い年になりますように。

粟又の滝(養老の滝)の紅葉

2011年の夏に小湊鉄道に乗ってこの養老渓谷まで訪れた時、すばらしい山の景色を見て、今度は必ず紅葉の時期に来ようと心に決めていた。あれから2年。ようやく紅葉の名所まで来ることができたのだ。

養老渓谷駅で降りたって、バスに乗ったところまでは覚えていたが、どこまで行ったら良いか記憶が定かでなく、乗客の殆どが「終点」まで行くことを知ってそれに便乗して辿り着いたのが、“粟又の滝”であった。



バスの終着場所から歩くこと15分ほど、傾斜の激しい階段を下って河原まで降りると、滝がお目見えする。
紅葉の時期とあって人通りも多く、さぁ私も写真だとカメラを構えた時には、冬の午後2時すぎということもあってすでに陽が傾きはじめていた。



前回のときと同じようなアングルで撮影しようとやっきになって、水面にファインダーを向けていたのだが、あまりうまく紅葉の色合いが撮れなかった。
(前回の記事はこちら



私が撮った紅葉の中ではこれ↓が一番まともなものだった。
やはり紅葉の色彩は本物を堪能するに限る。



最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント