スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮

幼児連れの旅は楽ではないけれど、家族で伊勢参りをすることにしたのだ。
その日はちょうど天皇が参拝する予定の最終日と同じ日で、道路際の歩道には日の丸を掲げた人が、マラソンランナーを待つ観客のように立っているのを見かけた。

伊勢神宮は、天照大神を祀っている「皇大神宮」(内宮)と豊受大神を祀っている「豊受台神宮」(外宮)の二つを中心として、他にも多数の別宮や摂社、末社などを総称して“神宮”という。

参拝は外宮からとガイドにあったので、その日は朝一番で外宮まで行き、衣食住と産業の神という豊受大神を拝みに行った。敷地内は背の高い杉の木で囲まれており、強すぎる朝日にも木漏れ日が優しかった。



メインとなる正宮は20年ぶりに立て替えられただけあって見るからに新しい。



そしてすぐ隣には古殿となった社殿がそのままになっており、20年後に再び新しく生まれ変わるのを待っているのだ。



これは皇大神宮の場合も同じで、正殿の真隣に古殿地がそのままになっている。

外宮の敷地内には「せんぐう館」という資料館があって、社殿の模型を間近で見られるための現物大の展示などがある。
私がその展示を見終わった頃に、ちびっこ怪獣が眼を覚ましたので、手水舎の傍で石ころ遊びをした。



丸っこい石が大量にあることに目を輝かした彼は、懲りずにひたすらじゃらじゃら。
通りかかった男性が「うちの娘も石大好きなんですよ」と声をかけられてしまった。



これは内宮の入り口、宇治橋の所。平日昼間だというのにこの人だかり。

内宮の敷地内も半端なく広い。歩いて正宮までたどり着くのにかなりの時間がかかる。
途中、五十鈴川の御手洗場というところがあって、ここで心身を清めるとあったので、川の水に指先を浸してみたら、とても冷たかった。



大混雑の中、正宮を参拝。
写真には人は写してないけれど、この鳥居の下は人でいっぱい。



20年経つと茅葺屋根もこんな風になる。



混雑といえば内宮の入り口にたどり着くまでの参道である“おかげ横丁”も相当の混みようであった。



私の場合、"花より団子”ではなく、“団子より花”なので、それほど横道は逸れなかったけれど、お土産には赤福と、伊勢独楽を買って帰ることにした。



甘い。ものすごく甘い。
はじめて食べたけれど、これは普通の饅頭と逆で、餡子の中に持ちが入っているという感じ。
見た目が餡子の塊で見た目通り甘かった。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/666-fde259a6

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント