スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館日和

普通の人はみな、本を読もうとする時、どんな風に読書にありついているのだろう。

わたしの場合、まずは読みたい本を探す。
探し方の代表的な方法のひとつは、なんといっても「本屋を徘徊」だろう。
実際手に取って中をみることができるし(コミックはできないけど)、本屋が売りたい本、売れてる本が本屋に行くとわかる上(売れている本が必ずしもおもしろいとは全く限らないけれど)、新しい本と出会うことができる。

もう一つの探し方は、パソコンに向かって読みたい本を探す。
ジャンルやキーワードを検索して他の誰かが紹介している本をチェックしたり、Amazonで既知の作家や本にリンクされている別の本のリンクをひたすら辿ったりして探す。

他にも「本の雑誌」で紹介されている本もチェックしたりする。

そうやって見つけた本は、Amazonの評価を見るために検索したり、図書館にあるかどうかを図書館のサイトで探したり、本屋で探したりする。
そのために何度も同じタイトルを検索することになり、読みたい本が無差別、無制限に増えてくると、手間が増えて面倒だったり、管理が煩雑になってくる。

そこで、Amazonで検索した時は、要チェックの本を「ほしいものリスト」に放りこんでは管理していたのだけれど、今年はiphoneで使える「図書館日和」というアプリが大活躍だった。このアプリを見つけた時の感動といったらなかった。
何しろ一度検索すれば、図書館に蔵書があるかどうかを自動で調べてくれるし、蔵書があれば、改めて図書館のホームページにアクセスしなくとも、直接、本の詳細ページに飛んで、簡単に予約することができるのだ。

本屋で「あ、この本読みたい」と思ったら即座に検索して、図書館にあるかどうかがわかってしまうし(本の売り上げには全く貢献されないが)、とりあえずリストに放り込んでおけば、後でタイトルを忘れてしまうということもない。

今はもう新しいシステムに様変わりしてしまったが、国会図書館で本を借りる際、手元にリストがないとすごく不便だった。しかも、あの建物、中は電波が入りにくくて、窓際にいかないと接続できないので、リストを見るのに一々オンラインに接続するのがとても厄介だったのだ。
だが図書館日和のリストはオフラインなので、そんなことも気にしなくていい。(新しく導入された国会図書館のシステムは外部接続できるようになった)

今年の一年間はこの図書館日和を使いこなして、「読みたい本」と「読んだ本」をしっかり管理していたのだが、市内の図書館に蔵書がない場合に、本を取り寄せるべきか、それともお金を出して買うべきか悩むようになった。
図書館で本のリクエストを出せば、県内の別の図書館から本を取り寄せてくれるのだが、何せいつ来るかはわからず、誰かが借りていれば、かなりの時間がかかる。
そこで、このアプリを使っていて、もう一つの選択肢を思いついた。

それは、都内の図書館を利用するという方法である。わたしの住んでいる所は都内と埼玉県の県境で、近くであればカードを作ることができることに気がついたのだ。
図書館日和で都内の図書館も追加で登録すれば、より多くの蔵書を利用することができるようになったのだ。


図書館の本を借りては返しを繰り返していれば、当然、家の本は蓄積していかないはずだが、なぜか本が増えている。
電子書籍がより普及してもっと使いやすくなれば、もうこんな風に図書館とオンライン本屋を行き気する必要はなくなり、煩雑さもなくなるかもしれない。だけど、やっぱり、本屋には行きたいし、図書館の本も利用したい。衝動的にどうしても手元に「書物」を置いておきたいと思ってしまうのだから不思議である。

とにかく、このリストを閲覧する度に「読みたい本」は増えていき、リストを消化するために読書をし、今度はもっと消化率を上げるために一日当たりの読書量を管理したりするアプリがほしいなぁと思ったりして、そうなってくるともう、読書するための管理ではなく、管理のための読書になっているような気がしないでもない。




Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/649-1087c9f1

Comment

クロ戌 | URL | 2013.01.02 05:43 | Edit
クロ戌です。
とても参考になります。
ブログ著者 | URL | 2013.01.02 18:22
お役にたててよかったです。
Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント