スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説を書く

よく学校に通っている夢をみる。
学校といっても、中学や高校、ましてや大学などではなく、なぜか小学校なのだ。
実際に通っていた小学校に大人の私がいる。
校舎の階段を上ったり、降りたり、
教室と廊下があり、教師がいて、何かを学んでいるという状態が、ごく自然に私の中で受け入れられるのだ。
勉強しかすることがなかった時代には、そこから逃れようと無駄な抵抗を試みていたのに。
学校を卒業し、もう学校へ行かなくてもいいとなると、働いているより、勉強している方が気が楽だし、もっと勉強していたいと思うのだから、本当に勝手だ。

今年の四月から九月の半年に渡り、淑徳大学の社会人講座で「短編小説を書く」という講座を受講した。
講師は現役作家の盛田隆二先生で、課題をこなしながら講義を受けるという形式だった。
小説を書き続けるモチベーションを上げるためにも通ってみようと、今年の初めの頃に気軽に申し込んだのだった。

講座は池袋駅から徒歩五分くらいの雑居ビルの中にある小さな教室で行われていた。
生徒の年齢層は、20代から60代くらいまでで、全体的には高年齢層だったような気がする。
働き盛りの人間が平日の昼間に時間を作って通うのは中々難しいと思えた。
20代の生徒は普段何をしているのかわからなかったし、30代、40代の人は仕事をしながらも、時間を作って通い、途中で挫折したり、もしくは、時間に融通の利く人だけが、講座を受けているような気がした。
生徒は13~4人ほどまで増えたものの、結局、最後の短編小説を書く課題までこなした人は、11人だけだった。

いつも先生の穏やかな口調はなめらかで、理論や知識を話す場合はなんだか曖昧な気がした。
白黒つけたい私としては、明瞭でないことに最初戸惑いもしたが、よくよく考えれば、小説を書いている人ほど、物事の捉え方は簡潔にというよりは修飾的で、形を捕えながらも表現にこだわり、わかりにくいものだと、妙に納得するに至った。

毎度、課題について他人の作品をアレコレ講評するのは、分析をしつつ自らを省みることができるので為になり、先生の広い心でとりあえずは、自由な個性を全て受け入れる姿勢は傾倒できたので、講座に行くのは愉しみの一つだった。
だからこそ、全12回の講座はとても短く感じ、
終わる頃にはもっと続けていたいなと思っている自分に気がついた。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/645-c8c77dea

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント