スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そなエリア東京

東京臨海広域防災公園。



有明駅そばにある、首都圏で大規模な地震が起きた際に避難する場所だ。
奥にみえる建物は癌有明病院。
その隣には、国の緊急災害対策本部を設置するための施設がある。
それが「そなエリア東京」



普段は防災体験学習施設として使われていて、入場無料。
入るとすぐに去年の大震災の被害が写真で展示されており、
その被害の恐ろしさを物語っていた。
ここでは“地震発生後72時間の生存力をつける”と題する
防災体験ツアーに参加することができる。



ツアーは15分おきに実施されていて、
火災発生時を想定した「煙体験」は土日のみだという。
最初にニンテンドーDSを一人一個手渡され、
エレベーターの入り口みたいなところに連れて行かされる。



DSの画面にはそなエリアのデザインと同じ寄藤文平さんのデザインでしたてられた
クイズの初期画面が。



デパートの10階売り場でエレベーターに乗り込み、
下降中に地震が発生。
地下の業務用通路を通って避難するというシナリオだ。
停電で真っ暗になった通路を歩き、
火災の煙の中を非常灯だけを頼りに壁伝いに行くと、
地震後の世界が広がっている。



この部屋には、傾いた電柱や、壊れかけた建物、
火災が起きている店頭やコンビニなんかが設置されている。
ここでDSを開き、クイズに従って移動しながら進んでいくと、
最後に「あなたの生存率」というのを算出してくれる。



展示物やパネルがあちこちに常設されており、
建物内は自由に見学できる。



二階に上がると、東京マグニチュード8.0のアニメーションが上映されていたり、
防災グッズの展示があった。
写真はカナダの防災バッグの一例。海外の装備品なども紹介されていた。



目を惹いたのは防災知識を深めるためのカードゲームの展示。
NPO法人プラス・アーツが制作したカードゲーム「なまずの学校」や「シャッフル」は
デザインも使い方も楽しそうな雰囲気があった。
実際に子どもたちがそれを使って横で遊んでいた。
他にも「あそぼうさいかるた」や「ぼうさい駅伝」、
「大ナマジン防災すごろく」「クロスロード」「ぐらぐらタウン」など、ボードゲームを利用したゲームも紹介されていた。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/632-d217b458

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント