スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小湊鉄道

電車に揺られゆっくりと流れる景色を眺めながら、
窓から入ってきた風をうけ、思いめぐらす。
景色に飽きあたら本を読み、ふと顔をあげれば美しい自然が広がっている、、みたいな
旅の想像を膨らませ、できるだけ近い場所から行ける遠いところを探していたら
千葉県市原市の小湊鉄道に行きあたった。

鉄子、鉄男さんたちに人気の電車ということもあって期待を膨らませ
五井駅に到着。
強すぎる太陽の光がギラギラと照り返し汗が噴き出すような天気だった。

PO20110719_0001_013.jpg

この鉄道は海沿いの駅から出発して房総半島の中心部へと向かうような路線。
五井駅に着いた時には、あと十分後に電車が出発してしまうような状況。
これを逃したら、次は一時間半後。
慌てふためいて切符を購入して車両に乗り込んだら、お昼を完全に食べ損ねた。

電車は座席に人が座って埋まるくらいの混雑で、
ひたすら田園風景の中を走っていくのだ。

PO20110719_0019_013.jpg

養老渓谷駅で下車してホームから二両の電車を見送った。
いたるところで車両をカメラで撮影している人がいる。
シャッターを切る。いい写真が撮れた。
パパは首をかしげながらボソリとつぶやく「ただのふつうの電車だと思うんだけど」
「黙れ田舎者」
飯山線を日常で乗っていた奴にこの魅力はわからないらしい。

PO20110719_0029_013.jpg

駅から歩くとすぐにこんな絵にかいたような田園風景。
田んぼの緑が青々していて、眩しい。
風が吹き抜けると、さわさわと葉が縦横無尽に揺れ、
水路を流れる水の音を聞いているだけで、涼しくなれた。

しかし暑い。

地図もなにも持って出てこなかったせいで
iphone片手に迷いに迷って誰かの家の畑の周りをぐるぐる回って
ようやく辿りついたのは、観音橋。

PO20110719_0037_013.jpg

アルファベットのMを描いたような形になっており、
へこんだ部分に降りていく時はちょっとこわい。
橋の下では川辺でバーベキューやらキャンプをしている人がたくさんいて賑わっていた。

橋を渡ると、急な石段が山の斜面を登るように続いており、
トンネルに行きあたる。
トンネルの入り口では、一寸先が見えない。
トンネルが曲がりくねっている上、斜めに登るような傾斜になっているのだ。
足元は濡れていて滑りやすい。
突然現れたトンネルに人は戸惑う。
ここをくぐったらきっと違う世界に出ていることだろう。
トンネルは意外に短かった。
再び石段を登らされ、ひたすら膝を酷使していくと、
黄金に輝く、出世観音菩薩様がお出迎えしてくれるのだ。

PO20110719_0041_013.jpg

逆光になった光が菩薩を照らしているような写真になってしまった。
ここは養老山立國寺で、源頼朝公が再起をかけ祈願したといわれているらしい。
わたしの出世もよろしくおねがいしますっ。

ここからはバスに乗って、粟又の滝に向かう。
滝の入り口まで来たらそこから渓谷へ降りる。
降りてびっくりした。浅瀬で水遊びをしてはしゃぐ子どもたちにその親たち。
一時、暑さを忘れる光景。
息をのむ。

PO20110719_0061__013.jpg

谷を囲むように茂っている山の木々の姿に感動した。
これが紅葉だったら、どんなに美しいかを、想像するだけでも鳥肌が立つ。
写真までもが奇跡を起こした。
水面に映った青い空と白い雲が明瞭すぎて、写真を逆さまにしても
本物の空を見ているようだ。
(写真をクリックすると逆になるよ)

この青い葉が赤くなる頃にもう一度、同じ景色を見たい。
きっと筆をとって絵の具を塗りたくなる。
そんな自然のマジックをみせてくれるに違いない。

PO20110719_0064_013.jpg

谷のあちこちから水が噴き出していて小さな滝になっている。
滝をじっとみつめて、水音に耳をそばだてみれば、
己もその流れに身を任せて川を下り、青い空の下をゆらゆらと流れていくようだ。

PO20110719_0069_013.jpg

浅瀬では水辺の生き物がいっぱい。
魚が飛び跳ねていた。
颯太の好奇心をくすぐったのか、ゆっくりと水に手を入れひとつかみ。


Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/612-1978f7b8

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント