スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関先のおばけ

うちの玄関を開けるとそこには……

PO20110601_0003_013.jpg

奇妙な色で全身を塗りたくられた、長さおよそ136センチのっぺらぼうがお出迎え。

巨大なクラフト紙の上に自らの身体を仰向けにし、
形どった姿。そここに色を思うように塗ってはさみで切り取る。
そんな遊びを春休みの美術教室でやったのだ。
家に持ち帰ってきた「こやつ」をどうしようかと思い、
思いついたのは玄関先の壁に貼る事であった。

ドアを開けた瞬間に飛び込んでくる彼の姿をみて、
人々は瞬間ドキリとさせられ、ユーレイでもみたかのようなお化け屋敷的感覚に陥る。

そんな演出を考え、まずはうちのパパーを驚かせようとしたが
彼のリアクションはいまいちだった。試す人間を間違えたようだ。

その後、何度かわたしは出入りするたびに、こいつの存在を忘れ
帰ってドアを開けるたびに、度肝をぬかされた。

だ、誰かいる!!Σ(°Д°;;

自分でやっといて、一番驚かされていたのは自分であった…orz

毎度おなじみ宅急便屋さんの配達人とのやりとりは、
ドアの隙間を必要以上に開けないため、こやつの姿を確認することはできない。
だが、少しでも大きめの段ボールが届いた際には、
さすがの配達人も一瞬ビクリとしているはずだ(多分。未確認)。

ちなみに、家庭訪問で訪れた今年の担任教師は「これ」を見て
驚くというよりかは、「へぇ~~」という感嘆の声であった。
そして第二声は、
「これ、ソウタ君がつくったんですか?いいですね」
というつまらないリアクションであった。

(驚かないわけ?^^;)

さすがのわたしもこれを貼ってから2カ月も経過したため、慣れてきた。
さて次はだれが驚いてくれるのかね。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/607-a688eb50

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント