スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小4ソウタの2010映画ランキング20

2010年もあと一週間。
きょうはクリスマスイブだというのに、ちっともクリスマス気分じゃない。
あまりにもいつも通りすぎて、まったく季節感が感じられなくて、
どうしようかと思ったが、
ピザ屋のバイク乗ったサンタさんとか、スーパーのレジのサンタさんとか、
ケーキや鶏肉を駅前でたたき売ってるサンタさんとかを見て、
仕方がないから、今年も鶏肉を買ってむしゃむしゃ食べたのであった。

終始アニメ・マンガの一年であった2010年。
ソウタはわたしと一緒に見れる映画はたくさん観たよなあってことで
ランキングを尋ねてみた。

1位 劇場版ワンピース Strong World

2位 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

3位 ブルース・ブラザーズ

4位 ヒックとドラゴン

5位 アリス・イン・ワンダーランド

6位 ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜

7位 借りぐらしのアリエッティ

8位 東のエデン

9位 トイストーリー3

10位 20世紀少年

11位 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

12位 カールじいさんの空飛ぶ家

13位 レイトン教授と永遠の歌姫

14位 オーシャンズ

15位 DEATH NOTE

16位 マイマイ新子と千年の魔法

17位 ゴールデンスランバー

18位 リトル・ミス・サンシャイン

19位 カラフル

20位 クローズZEROII


以上、今年ソウタが観た映画のランキング20位でした。
映画館で観たのとDVDで観たのが混在しているけど許してあげて。

1位、2位
堂々の首位。今年はすっかりどっぷりジャンプデビューの年だったので
日々ジャンプばかりしていた。イエイ!

意外だったのは3位。
この映画が彼にとってそんなに印象的だったのかと驚いた。
1980年の音楽映画でありコメディ。

4位のヒックとドラゴン。
本でもお馴染みでこちらも6巻まで読破。
映画も最高だった。もう一度観たい。わたしがっ。

ホッタラケの島(6位)みたいな明るい映画は好きみたいだ。
楽しいワクワクがいっぱいあって、
こういうのは世界観の楽しさだと思う。
そういう意味では、『宇宙ショーへようこそ』もそうだけど
ソウタは未見なのであった。

8位の東のエデンは今年の前半頃、
ソウタを連れて池袋まで見に行ったのを思いだした。
テレビ版の続きがどうしても気になり、
そして映画も前半がものすごい中途半端に終わっていたので
これは最後まで見なければいられなかった。
でももう結構、詳細を思い出せない。

9位トイストーリー3
オトナに大人気、大絶賛だった今年。
マイケル・アーント氏の脚本だからと気にしていたけど
期待を裏切らないスバラシイ物語だった。
一緒に観に行ったふたりの少年少女よりも
ラストはオトナの方が堪えるの映画なのであった。

個人的には16位マイマイ新子がもっと上にあっても
いいんじゃないのかと思ったのだけど、
主人公が女の子だからやっぱりだめかぁ。
ジブリ映画みたいな自然の風景の中の少女の成長を描いていて
ほのぼのしていて素敵な映画だったと思う。

19位のカラフルは迷ったけどソウタを劇場に連れて入った。
最後、主人公が家族に意志を伝えるところで、
ソウタは横で泣いていたのを見て、私がびっくりした。
涙なしには見られなかったけど、悲しすぎて嫌だったのかもしれない。
映画を見て泣くなんて
少年も成長したな、と思うのであった。


さて、2010年も暮れることだから、
締めは、2010年宇宙の旅でも観ようかなと。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/589-f94c4ec2

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント