スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の黄色い雑草

この町に住み始めて三年半くらい経った。
相変わらずここはぱっとしないし、これといって特長もない所だけれども、
唯一のお気に入りの場所は、
何といっても中川沿いの新堤防&遊歩道である。

八潮駅から、つくば方面にまっすぐに伸びた鉄道沿いに、
車の比較的通らない、舗装された道があり、
平らなコンクリートの道を自転車ですいすいと15分くらい走ると着く。
この鉄道下の道を、とにかく「まっすぐ」に行くと、川に辿りつけるのである。
(実際にはまっすぐ道が通っているわけではない。無理やり、まっすぐ行くのである)

徒歩だったら、駅から20分以上は要する。
住宅街などもお構いなしにまっすぐ行くと、
中川遊歩道に行きあたる。

幅、2メートルくらいの狭い道である。
(自転車1台が限界くらいの幅)
これは「川沿い」というよりも、
川から数キロ離れた「住宅街の傍」を走っている道であり、
くねくねと、遠足で歩く道のように、楽しい散歩道である。

それとは別に、より川の傍に国土交通省の指定によりつくられた
新しい堤防がある。
 
CIMG2142_013.jpg

PO20091011_0001_013.jpg

時々、気が向くとここに赴くのだが、
この道はかなり長く続いており、利用している人も少なく、
とにかく見晴らしがいいので、走っているだけで気持ちがいいのである。
この道は途中で途切れているのであるが、
道が完成したら、川上から川下まで一度、完走してみたいものである。



中川に行くまでの途中、
例のまっすぐな道沿いには、たくさんの空き地がある。
そこに、先日、すごい数の黄色い花が生えているのに気がついた。
辺り一面、黄色で染めつくすような勢いの生命力。

調べた所によると、
これは「セイタカアワダチソウ」というらしい。

IMG_0207_025.jpg

秋になって突然現れたこの雑草達を見て、
コワイくらい生えているので「こんなに生えてて大丈夫?」と
本気で心配するくらいの量であった。

とにかくやたらに生えているのである。

IMG_0210_025.jpg

この植物は、wikipediaによると、
北アメリカから人為的な方法で持ち込まれ、野外で勝手に生息するようになった帰化植物で、
他の植物の生育を抑制する「アレロパシー」を放出する、
ススキと競合する多年草らしい。

これを読んで納得したのだが、
確かに、コヤツらが生えている場所には、ススキが生えていなかった。
ススキは、ススキでセイタカアワダチソウが生えていない場所に、
まとまって、ひっそりと生えていたのである。

セイタカアワダチソウは、その名の通り、背が高い。
開発途中の土地に盛られた土にびっしり…と生えていた彼らは、
私の身長を優に超えていたので、
1~2メートルくらいはあっただろう。


私が育った町は元々土が田畑であったこともあって、
この時期になると、どこもかしこも、
「彼岸花」が姿を現した。
緑と灰色で塗られたような景色の中に、赤々と咲く彼らの様子は、
遠くからでも目に入り、忘れられない光景となって
いまでも脳裏に焼き付いている。

茎にアルカロイドという毒を持ち、
死人花(しびとばな)などの異名もあるような、ちょっとコワイ花だけど
美しく優美に見えるのである。

しかし、この土地には彼岸花は一切、生えておらず、
だから少しさびしいのである。
セイタカアワダチソウもいいけど、彼岸花も持ち込んだら、
生えてくれるだろうか。。(冗談)



Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/582-01cbe1d2

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント