スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道長万部

一ヶ月くらい前に、北海道に行った。
なぜ急に行ったかというと、その更に一ヶ月くらい前に、
大学の全寮生活を舞台にラブコメを書こうと奮闘しており、
やっぱりもう一度、モデルの実物を見たい、と思ったからなのだった。

そう、そして何を隠そう、私自身が大学一年の時に過ごした寮は長万部という町にあった。
退寮してから一度も来てないから、10年ぶりってとこだろうか。
あくまで今の自分の目がどう感じるのか楽しみだった。
が、久しぶりなのに全然記憶から消えてなくて、本当にそのままだった。

長万部駅

長万部町(おしゃまんべちょう)っていうのは、札幌と函館の丁度真ん中くらい、
内浦湾に面したところにあって、人口6000人くらいの町。

駅に降りて、お昼だったから、“かなや”というお店のカニ飯を食べる。これは有名。
寮で毎日ご飯を作ってくれるのはこの“かなや”だった。
パパはかなや飯で、ソウタはチャーハンを食べる。
かなや飯って中華丼みたいなやつなんだよね。オリジナルかなぁ。

カニ飯

以前は駅の方から、小高い丘の上にたつ寮の方に行くには、
線路をまたいで、木製のたくさんの絵が描かれた陸橋があったのだが、
ずいぶん前に新しい陸橋になってしまっていたようだった。
あの陸橋、結構好きだったんだけどな。

陸橋

陸橋の上から写真、撮って見たんだけどね。
何もないようなところだってことはよくわかるでしょう。

陸橋の上から

さて、これから学校に向かうのだ。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/520-1ebccacd

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント