スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローヤルゼリー

うちの母はローヤルゼリー推進活動家だ。
物心ついた頃から家にはなぜかローヤルゼリーがあり、冷凍庫からなくなることはなかった。
風邪をひいても、ローヤルゼリー
咳をしても、ローヤルゼリー
皮膚が荒れても、ローヤルゼリー
癌になってもローヤルゼリー
パパは「まずい」と言って嫌がっていたが、私は懐かしい味だった。
すっぱい。はっきり言って、美味しくはない。
どんな病気にも効くらしい。「そんなワケあるか!」と私はいつも話半分だったが。
改めて調べてみると、女王蜂のエネルギー源のようだ。
働き蜂の咽頭腺分泌液で作られている。
働き蜂がせっせとつくったローヤルゼリーを女王だけが食す。何だかおかしな想像をしそうだ。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸。
美容にもいいという。
母がいつまでも若く見えるのは、ローヤルゼリーのせいか。
嫌がって少しも減らないローヤルゼリーのことを忘れた頃に、
実家に帰って少し体調が悪くなると、母がとっさに「ローヤルゼリー」と言った瞬間、
私とパパは目が合って、笑いを堪えた。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/468-ab942960

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント