スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおきくなったら

6歳の誕生日小さい頃、おおきくなったら何になりたい? という問いかけってあったと思うけど、なんて書いてた?

物心ついた時期に、昔の文集とかを引っ張り出して、その頃そんな職業になりたかったのかって認識する。ソウタも、おおきくなったら、そんなときがいつかは来るのかもしれない、と思う。

左の写真は、ソウタが6歳の誕生日に幼児園からもらったバースデーカード。このカードをもらった日、ソウタはこれを開いて見せてきた。おおきくなったら「げいじゅつか」という部分をきっと強調したかったのだろう。単純に嬉しかった。でも複雑な気持ち。
すきなあそびは「モルファンブロック」ってあるけど、どんなブロックなんだろう…検索してもひっかからないなぁ。

私も幼稚園の年長の頃の文集には、将来は「画家」って書いていた。その当時、持っていた職業カードの中に、画家があって、絵を描くという仕事はそれしか知らなかったからだ。

それから、小学校の頃は、漫画家、科学者になりたいと思ったこともあったかな。その後は、作家…、デザイナー?絵や文字を書く仕事に尽きたいと漠然と思いながら、最終的に大学は、生物工学以外は受験しないという選択肢を選んでしまった。

昔はどんなものになりたかった?

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/265-2b680cf5

Comment

| | 2006.12.03 21:29
このコメントは管理人のみ閲覧できます
さがわ | URL | 2006.12.10 12:58 | Edit
こんにちわ。
fさんのブログはいつもためになるものばかりで感心して拝見しています。

将来、何になりたかったか?
ちょっと感傷的で昔の自分に立ち返るような問いに、私自身お恥ずかしいのですが高校のとき卒業文集に書いたものを披露します。

Q,将来どうなっていますか?

A,アメリカ人

数年前、この卒業文集を久々に見たと同級生から電話がありました。「アメリカ人」がどうしても気になって連絡をくれたようです。

同級生は私がホントにアメリカ人になっていないか確認したかったとの事。

ならないって。。。

それでは。





fivesenses | URL | 2006.12.12 00:42
さがわさん

コメントありがとうございます。
アメリカ人、ですか…
さがわさんの感覚ってすごいですね。独特ですョ。

でも、そのわざわざ電話をしてきた友人も類は友を呼ぶだったりして…
Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント