スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋恒例の作品展

この季節恒例の幼児園の作品展に行ってきた。
楽しみにしている行事の一つ。

きのこの森壁掛け
きのこの森(左)、壁掛け(右)

リンゴ魚の切り身池の中のカニ
リンゴ(左)。これはかなり大きい。3歳児の共同制作。
魚の切り身(中央)。4歳児の共同制作。
池の中の生き物達(左)。

鳥居

5歳児のクラスは、入り口に鳥居。
中に入ると…

おみこし太鼓を叩く人絵馬
ヤクルトの空容器で作ったおみこしと太鼓を叩く人が部屋の中央に飾られている。
力強い共同制作だ。


剣玉操り人形
剣玉の玉が松ぼっくりになっている(左)。
粘土製の操り人形(右)。
靴の足を入れる部分に注目。

お寺運動会大山登山の思い出似顔絵
落ち葉拾いに行った神社を写生(左上)。カラスがとてもいい味を出している。
運動会の思い出(右上)。
大山登山の思い出(左下)。
自画像(右下)。

やきそば屋さんお買い物
焼きそば屋さん。
他にもたくさんの屋台が…。
その周囲には通りすがりの通行人や、お客さん。

お面

これはお面だが…宇宙人の王様をイメージして作ったという…

良く言えば、年齢が上がるごとに完成度が高くなり、個人の技術力も上がって素敵な作品に仕上がっている。
悪く言えば、年齢が上がるに連れて、飛びぬけて他人と違う感性で自由に描かれている絵が少なくなり画一的になっている気がした。

Trackback

Trackback URL
http://fivesenses.blog20.fc2.com/tb.php/262-9951440a

Comment

Comment Form
公開設定

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント