スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とれとれヴィレッジ

この心踊る個性的な形…球体を横半分に切ったようなこの建物は
とれとれヴィレッジ」という宿泊施設。
建築家マッティ・スローネン氏によってデザインされたという。



南紀白浜のどこに泊ろうかと宿を探索していた際に
ひと目で即決してしまった。

和歌山に到着したその日は雨。
降ったり止んだり強風吹き荒れる悪天候で、
空も灰色だったため、こんな写真に…(-o-;



夜になって益々強くなる雨風の中、
なんとかカメラを構えて撮った一枚。
幻想的。



ひとつひとつの大きさは同じで
二人部屋、四人部屋、六人部屋(ベッドなし)があるらしい。
球体のてっぺんには、円盤型のガラス窓がついていて、
部屋の中から天井を見上げると、
空を眺めることができる(晴れていれば…)。
不思議だったのは、この真下に立ってしゃべると、
声が反響すること。



部屋は個室アパートのようで快適。
でも敷地内には自販機がある以外はなにもなく
食事をするにも、買い物するにもヴィレッジを一旦出て、
少し離れた場所まで行かなければいけない。

近隣には、とれとれ市場(新鮮な魚類やお土産を売っている巨大なお店)、
とれとれの湯(温泉施設)、とれとれ亭(バイキング形式のレストラン)なんかもあって、
とにかく海産物がおいしかった。

+ Read More

スポンサーサイト

アドベンチャーワールドのパンダ

パンダをみたくなって上野…ではなく、
和歌山県のアドベンチャーワールドまで行ってきた。

ジャイアントパンダの永明(エイメイ)お父さん。
20歳。



ひとりでさっと行ってパンダみて、さっと帰ってこようと思ったけれど、
せっかく和歌山まで行くのだから一泊くらいしようと考え出したら、
一人で行くには車の運転できない私にとって、不便極まりない場所とわかり、
お母様に御同行をお願いし、一泊二日の南紀白浜旅行となった。



アドベンチャーワールドには、パンダの「バックヤードツアー」という
餌をあげたりできるツアーがあり、開園と同時に入館したにも関わらず、
あと一歩遅くて定員いっぱいで閉め切られてしまった(定員30名)。
ツアーは2000円もする。高い。。。そして残念。



双子のパンダ。海浜(カイヒン)、陽浜(ヨウヒン)。
1歳半。



この双子ちゃん。
よく動いていたので人だかりができていた。
開園からすぐの時間帯はどのパンダもまだ寝ていたが、
昼すぎてようやく元気な姿をみせてくれた。



60頭ものパンダが飼育されているそうだが、
実際に外で鑑賞できるのは10頭ほど。
それでも、念願のパンダワールドを満喫できてよかった。

最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント