スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意味さの窮地を脱する方法

大地震から一カ月以上たったけれど、
震度5以上の余震は頻繁に多発していて、
一体何回起こったのだろうと思って調べてみたら、
2011年3月12日から昨日(2011年4月14日)までの間で、
27回もあった。
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/suikei/eventlist.html
被害にあわれた方、犠牲になられた方々とご
遺族の方にはお悔やみを申し上げますm(_ _)m


人間は生死の境にきてようやく本当の力を発揮すると思う。
ここは日本の正念場だし、窮地があるからこそ、
まだ問題は山積みだけれど、今まで以上に日本を活気づけてくれる
起爆剤なんじゃないか。
そう思いつつも、テレビやあらゆるところで「がんばろう日本」とか
むやみやたらにいわれるのは何だか気持ちが悪いと思ってしまうのは何故だろう。
そういう言葉や励ましは人と人との間で交わされるものであって
公共の電波で堂々というようなものじゃないと
感じたからかもしれない。


地震の揺れは死んでいた私の心も揺さぶった。
生きながらにして死んだも同然の私。
社会から断絶し、社交をせず、何日も家にこもり、
ただ食べて、排泄し、読んで、書いて、見て、ねむるだけの生活。
誰かは反論するだろう。読んで、書いて、見てるじゃないかと。
でもそんなひとりで完結できる動作だけを繰り返していると
息苦しくなってくる。
私小説家である西村賢太さん(実際にいたらきっと共感できないと思うのに)
彼に共感するほどに、静かに、緩やかに、気がつくと心は捕らわれる。
生きていることの無意味に縛られて身動きができなくなるのだ。

どこかの会社や組織にいれば、仕事は嫌でも降ってくるし、
ちょっと目を凝らせば、周りに山ほど仕事は落ちていて
常に誰かに見られていて(それは窮屈だけれど)、
そこには責任があって成果があって、報酬がある。

たとえ、私が小説を完成させなくとも、
たとえ、私が何も書かなくても、誰も困らない。
ただの凡人である私が偉そうにいえることなど、ひとつとしてあるだろうか。
声を大にしていうほどの、いいたいことがあるだろうか。
そう考えれば考えるほど、それは「ない」ように思えてくる。
それは、この世の中で、自分の存在が無意味であり、
一人くらい死んでも何も変わらないという考えと同じである。

やってもやらなくても同じという結論はループする。
すべての法則に、その答えを導こうとする脳があるのだ。
しかしそれは間違っていると私は否定する。

否定しても、悪魔は誘惑してくる。
やってもやらなくても、何も変わりはしない。
もしやらなかったとしても、死ぬわけじゃない……と。
それでも、書き続ける、
何かを自発的に能動的であり続けるためには、何が必要か?

それには自らを他人化して期待する心を持つことだ。

人は誰かに期待することはできても、
自分にはなかなか期待しない。
自分に期待する、という行為は難しいからだ。
だけど、自分を他人を想うようなところに置いてみて考えてみれば、
そこに期待が生まれる。

他人に新しい、面白い物語を提供してくれることを期待するみたいに、
自分に新しくて、面白い物語を書くことを期待する。

それが、創造力を発揮するための安定した心を
維持させることができる方法だ、
と思ったのだ。

スポンサーサイト

八重山諸島

うちのパパは旅行が嫌いである。
知らない文化や見たことのない世界を身をもって体験し、
感動しようということを極力、避けようとする。
安心、安全、安定を望む人間である。

わたしはそんな保守的で臆病な人間の弱いところが「嫌」だからこそ、
むしろそれに対抗すべく、自分を戒めたいと思うのだが
そういう旅にはどうしても付き合いたくないらしい。
「ひとりでいってくれ」というのが彼のセリフである。
ひとりで行くのはもちろん構わないが、
それは同時にソウタを置いていくことになり、
ソウタにもいろいろ見せたいと思う私は頭の中で葛藤する。
二人旅。それは気軽身軽な一人旅よりも厄介なものであり、
子供を危険にさらすかもしれないというリスクのある旅。
そして、結局、三人で行くか、一人で行くかを悩むのである。

春休みに気軽にいけるところならいいと妥協した案で
八重山諸島へいくことにした。

私は添乗員とかいう人間にバスで連れまわされる旅行が嫌いである。
理由は、自由が少ない。時間が決まっているためせかされる。
人に指図されながら動くなんてまっぴらごめんなのである。
だけど、そういう方が楽~っていう人もいる(うちのパパ)。
つまりそういう旅であった。


(1)石垣島の鍾乳洞

鍾乳洞というのは石灰岩(サンゴなどが堆積したもの)に雨水がしみ込み
地中の浸食を起こしてできたものらしい。
このページがわかりやすい(鍾乳洞の形成)。

写真で見えている部分はこの洞窟の中で最も長い鍾乳石で
天井から下に落ちた炭酸カルシウムが、
天井から落ちなかった炭酸カルシウムとつながって、くっついた状態。
ここは洞窟の中も気温が23℃と高く、
一年で平均三ミリ程度作られる鍾乳石が、ここでは一年一ミリの早さだそうだ。

PO20110330_0030_013.jpg

とにかく洞窟の中はかなり広くて、出口までずいぶん歩いた。
美しいイルミネーションで飾られていた空間や、
自然のいたずらによって形作られた奇妙な石たちは、彫刻のように美しかった。

(2)マングローブ

マングローブというのは海水と淡水が入り混じる
熱帯沿岸に生息する植物の総称だそうで、
主にヒルギ科に属する木のことを指している。

この奇妙だけれど見入ってしまうこのマングローブ林たちは不思議な魅力がある。
川に沿ってひたすら生えているこの木たちの根。
それはまさしく「足」のように思えてならない。
これがこの根の足を使っていまにも動き出し、生きてることを強調しているかのように思える。

これを西表島の仲間側を船で上りながら見た。
ところどころ、朽ち果て、その生命を終えた木が横たわっている姿や
サキシマスオウノキのように四百年以上もの間、
人間の知らないところでひっそりとそこに根を張り続けてきた木が残された本当の自然のように感じた。
人間に知られることになってしまったことで、
もうすでにその「ひっそりと」はなくなってしまったわけだけれど。

PO20110331_0044_013.jpg

マングローブの苗木があちこちのお土産屋さんで売っている。
これは普通に水道水とかで育てられるらしいが、
元々彼らは好き好んで海水(塩水)に住んでいるわけではなく、
内陸に行くと他の植物に負けてしまうから、海水の混じったところで
勢力を伸ばし続けてきたんだとか。
なんだかいじらしいじゃないか。

(3)水牛

西表島に隣接する周囲二キロの小さな島、由布島に渡るには
この水牛に乗る。

水牛たちは、台湾から連れてこられたひとつがいの夫婦から繁殖させたものだとか。
オスは暴走しやすいため、この水牛車のオスたちは皆、
去勢をされ、9時~5時で働かされている。

水牛車を操っているおじさんは三線を弾きながら民謡を歌ってくれた。




(4)カラス

由布島は周囲二キロの小さな島で、こんな風に島全体が植物園のよう。
熱帯植物を見ながら散歩でブラブラ、海岸に出てみると、
そこに一軒のお店が。

PO20110331_0060_013.jpg

カフェのようなところにいた添乗員が
「ここのアイスおいしいですよ」というので
私はしょうがないから食べてやるか、と思いながら
「黒糖アイス」を買った。
そして、そのカップアイスを持ちながら藻でいっぱいの海岸で
一口。その直後、写真を撮ろうとカメラを手にとるため、
アイスをいったん手放したその瞬間!
カラスが私の頭上から降りてきて、アイスをさらっていったのである!

PO20110331_0065_013.jpg

さすがの私もこれにはびっくりし、驚いた拍子にその場を離れてしまい
カップごとカラスに持って行かれた。。

添乗員のばかやろ――!カラス注意ってなぜいわない!(八つ当たり)

私はその後、悔しさのあまり、
別の場所で黒糖アイスを改めて購入し、バスの中で食べたのだった。

(5)リスザル

石垣島のやいま村ということろに、
リスザルのいるちょっとした空間(檻)があって、
その中に入ることができる。

入るとすぐウサギとかが、むしゃむしゃ草を食べていたり。
リスザルが何とも身軽に木登りしたりしていて、
ちょっとこわい。

そこに、リスザル用の餌が売っているガチャポンがあって、
なんとこれを買ってみた、までは良かったが、
買った瞬間から、サルたちの猛アピールに合うことに!

サル

肩やら足やらとにかく登ってくる。
ギャーーーーーー!

私は餌をもっていなかったにも関わらず、
サルは「人間が何か食べるものを持っている」と思い込んでいるらしく、
糞をつけられたズボンを拭くべくウェットティッシュを出した途端!
それがお菓子か何かと勘違いしたのだろうか、
とっさに鞄にしまったものの、リスザルは鞄に手を突っ込んでくる始末!
こ、こわい!
サルに襲われた長い数分間であった。

(6)サンゴ礁

サンゴは植物のように見えるが、これは刺胞動物という
クラゲとかと同じ門に分類されるらしい。
写真は石垣島の川平湾という
日本百景に選ばれるだけのことはある美しい海で
グラスボートに乗って見た。

船の真ん中にガラスがはめ込まれており、両端に座って、
下を向きながら観察するという具合になっているわけなんだけども
酔う。

PO20110412_0025_013.jpg

サンゴ礁は光合成をする必要があるため、浅いところに住んでいる。
海岸に近いところほど、死んだサンゴが目立った。
海は美しいが、やはり人間が汚していることが気になって仕方がない。
自分も観光に来ているわけだから、彼らの静かな生活を脅かしていることに変わりはない。

そして原発問題で海を汚し続けている
福島の海を脳裏にかすめつつ、
あっという間に東京に戻ってきたのであった。


最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント