スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/2 成人式

「二分の一成人式」のことをご存じだろうか。
これは成人式=20歳の半分、つまり10歳の成長を祝う会ということなのだ。

はじめてこれを知ったのは、義姉さんと小学校の話題について話をしていたときだった。
耳慣れない単語に最初は何の事だかわからず、
(都内の小学校では、そんな行事までやるのか…)と思っただけで
特に関心も示さず、まさか自分の身に降りかかってくるなどとは
その時は思いもよらなかった。

2月のある日、担任教師からの連絡が来て
「二分の一成人式を学年行事としてやることになったので、
親からのお手紙という場で手紙を読んでほしいのですが」
と突然頼まれた。
今年の私の目標は少年少女に向けて作品を書くことであるため、
これはある意味、挑戦だ!と考え、
わたしは依頼を快く引き受けることにしたのだ。

我が子への手紙といっても皆の前で読むとなると
これはある意味結婚式のスピーチ、
もしくは嫁から親への手紙のシチュエーションと同じではないかと思い、
「冒頭(呼びかけ)」「イメージが湧くようなエピソード」「締めくくり(これからのこと)」
というような三つの段階にわけて構成し、
どんなエピソードを使うかに頭を悩ませた。

しかし、少年ソウタにはどんなに過去を探っても、
珍事件も面白爆笑エピソードもなく平凡地味。
使えそうなものは殆ど思いつかなかった。
だが、どんな人にもいい所と悪い所がある。
これは共通した裏表のあるひとつの特長で、
誇張することでおもしろおかしく言うことができると思いついた。

それから、手紙の中で最も伝えたいと思ったのは、
クラーク博士の「少年よ大志を抱け」であった。
己のためじゃない。
誰かのための夢や希望であれという、
おとなですら(おとなだからこそ?)忘れがちなことを、
自分だったらこんな風に励ましてもらいたいと思って
書いたのがこの手紙。↓


颯太へ

生まれてから今日までの約10年間、よく立派に育ってくれました。
ママはこの10年の間、少しずつ大きくなっていった颯太の姿をずっとみてきました。
生まれて間もないころから、自分の足でしっかりと歩き出し、
いろんな“はじめて”をひとつずつクリアし、
若葉が伸びるように、にょきにょきと、
ぐんぐんと伸びてくれたことをうれしく思います。

颯太は小さい頃から、いつもひとりで黙々と絵を描いたり、
折り紙やブロックに没頭し、集中するあまり、
まわりをみないほどのマイペースさを発揮し、
時には、あきれ返るほどの危機感のなさに先生に注意されることもありましたが、
できあがって見せてくれる作品は、すばらしく、いつも感動にあふれていました。
素朴でシンプルなときもあれば、力強く色あざやかなときもあり、
個性的で不思議な雰囲気をかもし出しているときもありました。
それは、颯太がもっている色であり、颯太そのものの姿です。
だけど、いまのこの瞬間、こうやって、あたりまえのように学校に行き、
たきたてじゃないと嫌だという白いご飯を食べ、
すきなブロックを思う存分できるのは、
保育園の先生や学童保育の先生、学校の先生、美術教室の先生、
友達、友達のお母さん・お父さん、近所の親切な人、
おじいちゃん、おばあちゃん、そしてパパの「ささえ」があったからです。
それだけではありません。
ほんの少し顔をあげてみれば、
まわりの人がどんな風に生き、ささえ合っているか、わかるはずです。

これからもいまの感謝の気持ちを忘れずに、
成人式までの10年、自分という人間を知って、それに立ち向かってください。
「人間は変わっていくもんだ」といつか言っていましたね。
その通り!勇気をもって、この先の人生を戦ってください。
そしてまた、驚きと感動に満ちた姿を見せて下さい。
ママはずっと応援しています。



ソウタははずかしそうだったが、うれしそうだった。
担任教師も泣いていた。
いつもは話しかけられない、お母さんから話しかけられた。
他のこどもたちには自分のことのように、
ほんの少しでも感じてくれただろうか。

その後のソウタの話では、
横にいた友達のひとりが、「俺もご飯、たきたてじゃないとやなんだ」と
言ったという。

二分の一成人式では、
手紙を読むのがメインというわけではない。
主には生徒たちによる学習発表会のようなもので、
縄飛びや歌など、いままで練習してきたものを、
親の前で発表し、未来への抱負を宣言するというものだった。

それぞれが、習字で書いた「将来の夢」を掲げ、
「わたしは○○になる!」「ぼくは△△になりたい!」と
次々に声を響かせている姿は、とても微笑ましく、
きらきらと輝いていて、美しかった。

スポンサーサイト

不思議な生物

ソウタが美術教室で作成した絵本を持ち帰ってきた。
ひさびさにオモシロイものつくっとるなと思った母であった。


タイトル『不思議な生物』
はじまり、はじまり~

PO20110210_0001_013.jpg

海の生物と

PO20110210_0002_013.jpg


なぞの生物と

PO20110210_0004_013.jpg

ふしぎな鳥

PO20110210_0006_013.jpg


食虫植物が

PO20110210_0007_013.jpg


へんな動物も

PO20110210_0008_013.jpg

みんないっせいにむかってくる

PO20110210_0010_013.jpg


おわり。


おまけ。鳥獣人物戯画のまね。筆で描いてみたそうな。

PO20110210_0012_013.jpg

テオ・ヤンセン展

日本科学未来館で開催中の『テオ・ヤンセン』展に行ってきた。
(2011年2月14日まで)

http://www.theojansen.jp/overview.html

PO20110206_0004_013.jpg

本サイトを見て、う。本物みたい…
とそれだけの動機でお台場まで。
お台場はいつもゆりかもめに乗るのが面倒なので都バスを利用。
あちこちの駅から未来館の前で降ろしてくれるバスは結構ある。

PO20110206_0005_013.jpg

展示スペースは作品が大きいせいか、狭く感じて
人もものすごく混んでた。

テオ・ヤンセン氏はオランダの人で、
物理学の知識を生かして風で動く生き物を造ったのが
このビーチアニマルという奇妙なロボット。
展示はその最初の着想段階から、十数年に渡って思考錯誤されてきた
数々のアニマルたちの姿を見ることができる。

PO20110206_0008_013.jpg

工学的な説明はほとんどなく、
作者がどのように発想していったかという所の方が強調されていて、
これが何で動いているのかがわからなかった。
展示中のビデオ映像を見てようやく
原動力が「風」と「圧力」だということがわかった。

初期の頃は船のように風力でしか動いていなかったが、
風がない時も動くことができるように、
最新バージョンでは、ペットボトルに空気をためておき、
駆動して動く車輪の力で動かすことができるようになっている。

PO20110206_0011_013.jpg

原材料もきわめてシンプル。
プラスチックのパイプとビニールとペットボトルだけ。
一見ただのプラスティックであるモノが、滑らかな動きを見せるところに
イキモノを連想させる何かがあるのだと思う。

実演のデモンストレーションは2体あって、数分間の短いショー。
動くところがほんの少しだけ観れる。
でも狭いところで動かすので少し物足りないかな。

やっぱり海辺ですたすたと歩く彼らを見てみたい。
こんな風に↓
http://www.strandbeest.com/film_videos.php


最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント