スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Negative Thinking

暗闇の中で横たわり、暖かい布団で覆われていながら、目を覚ましている事ほど酷い拷問はないと思う。

8時ごろ保育園にお迎えに行ったとすると、家に着く頃には8時半を回っている。それから自分のご飯を適当に作って、適当に食べて、ちょっと一息つこうと思いきや、ソウタのトランプ(神経衰弱か7並べのどっちか)に付き合わされたり遊んで攻撃にあいながら、だらだらしていると、いつの間にか9時半くらいになってしまい、お風呂やらないと…と思って、やっと腰をあげてお風呂の支度をして、入って、歯磨きをして布団に入る頃には10時半くらいになっていることもしばしば…そうなると、疲れている水曜日なんかはもうなかなか起きられないのだった。

どうやら私は仕事に対して後ろ向きのようだ。
せっかくこの前の三連休の日曜日に遊んだのに、一週間をこなしているうちに少しずつ少しずつ何かが削られて、何かが壊れていく。
最後にトドメをさしたのは木曜日の送別会だったのだろうか。
部から、また5、6人の人が出て行くことになった。今回は部長が(ついに)出て行くので送別会が行われた。しかし……私は思う。なぜ、出て行く人たちを見送らないといけないのだ?なぜ、送別会をするのか?これはあくまで私の個人的な意見だが、残された人たちの方がよっぽど大変なのに、どうして出て行く人たちを快く祝うことができるのか、全くの疑問だ!はっきり言って、出て行く人は幸せ(幸せとは限らないが)だと思う。その人達をみるとムカムカしてきた。部長なんて偉そうなこと言っていて、いくらそんな立派なこと言っても、所詮これで最後なんだから、誠に無責任な発言だ!
結局、お世話になった先輩にも(お世話になったのか?)、特に改まって挨拶することはせずに、早々に家に帰った。

朝起きると、気分が悪くて(酒はそれほど飲んでない)、今日は職場に行きたくなかった。
疲れているときは要注意だ。ひたすら悲観的な思考のスパイラルに陥ってしまう。いつもの道をふらふら歩きながら、交通事故にでもあって入院したいなんて考え出してしまう。妄想の中で自殺する自分をブラウン管を通して見ているのだ。
  
○商店街(夜)
  ママは荷物を3つも抱えながら歩く。
  その少し後方にソウタが歩いている。
ソウタ「保育園って楽しい!」
  疲れた表情のママ。
ママ「……そう……」
ソウタ「ママはお仕事楽しい?」
  ママ、返答に詰まり、何も言えずに下を向く。
ママの声「前はもっと楽しいって即答できたかな……」
  ママ、つらそうに
ママ「……楽しい、と思うけど……」
ソウタ「パパはどうかな?」
ママ「……さぁね、どうだろうね」
ママの声「近頃、こんな質問ばっかだ。この前も変な質問してたよな……」

○回想・ママの家内(夜)
  ママはパソコンに向かっている。
  すぐその隣で、宇宙の図鑑を広げているソウタ。
ソウタ「ママ、宇宙って誰が作ったの?」
  ママ、びっくりしてソウタの方を見る。
ママ「はぁ?誰が作ったって……」
  しばらく考えるママ、図鑑に目をおとし、
ママ「じゃぁ、ソウタは誰が作ったの?」
ソウタ「ママ」
ママ「じゃぁ、ママは誰が作ったの?」
ソウタ「ママのママ」
ママ「当り!じゃぁ、ママのママは誰が作ったんだ!」
ソウタ「……えーと……」
ママ「ママのママのママだよ。そう、そうやってそのママのママのママのママのママ……っていくんだけど、人間はね、昔、おサルさんだったの!」
ソウタ「ふーん」
  ママ、図鑑を指差し、
ママ「それで、その前はこんな動物で、その前はお魚で、その前はこーーんな小さな見えない生き物だったの。その生き物は海の中の水の中に住んでいて、それは地球が水と石でできているからで、石と石がぶつかって、お団子みたいに、固まってできたんだよ」
  ソウタ、真剣にママの話を聞いている。
  ソウタ、図鑑とママの顔を交互に見ながら、
ソウタ「そうなんだーーー」
ママ「宇宙はだから、爆発してできたんだけど、誰が作ったとかじゃなくて、勝手にできたんだよ!」

○商店街(夜)
  ほくそえむママ。
  信号が青に変わる。
  バスが前方にやってくるのが見える。
ママ「あ!バスが来た!ほら、走るよ!」
ソウタ「待ってよ!」
ママ「ほら!走れ!」
  走る、ママとソウタ。
  バスが止まる。


スポンサーサイト

森美術館

六本木ヒルズ全景同居人Mが某製薬会社のCEOが遥々海を越えて自家用ジェット機でやってくるというので、仕事でホテルオークラに打ち合わせをしに行かないといけないというので、私とソウタもそれに合わせて六本木に行った。
今日は風が強くて、ソウタも一緒だからかなり疲れた。子供が居ない人にはなかなかわからない感覚なのだが、子供と一緒にどこかに行くというのは、普通のなんでもない場所に行くにも通常の二倍以上体力を消耗するものだ。
とりあえず展望台に上って、都内全景を眺め、レオナルド・ダ・ヴィンチ展と森美術館の杉本博司展を鑑賞し、森都市未来研究所の「都市の模型展ー東京を視るー」まで一気に観て足が痛くなった。
森ビルソウタの鑑賞スピードになるべく合わせるとしても、私はもっとじっくり観たかった…。森都市未来研究所の作品展では東京とニューヨーク、シンガポールの都市の全景を模型化したものを展示していた。その中で上映していたヘリからの都市を写した映像(「東京スキャナー」という押井守が監修をしている作品)がソウタの一番のお気に入りだったようだ。
ダ・ヴィンチ展では、彼の思想と歴史を物語るレスター手稿の内容が映像と、実物とで、工夫された展示でわかりやすく表現されていた。中でも私は彼の「地球の内部が水で満たされていており、地球内部と表面との水の循環がまるで人間の血液と同じように行われると考えた」というところに、とても惹かれた。。ロボット
杉本博司展もなかなかよかった。彼の1975年から2005年に制作された代表作ということで、かなりボリュームがあった。写真だけでなく、建築作品や東大の数理学科と共同で作成したという関数を具現化したような彫刻作品もあった。ちなみに私は、地平線を表現した「海景」に何かとても強い印象を受けた。

おみやげはコレ←。ACAM_ICという名前の小型の二足歩行ロポット。単5乾電池で動く。スイッチをONにすると、二足歩行でどこまでも歩く。腕や足を微妙に動かすと、歩く方向がいろいろ変わる。

仕事VS仕事にしたいこと

予想外の運動会の延期に、朝はチケットを取りに挑んだが、あっけなくソールドアウトに合い、その足でシナリオ学校に。お昼は学校の人と一緒に、ラ・ボエムという店に行ってお昼ごはんをいただく。この店は二回目だ。一回目とおんなじカルボナーラ+Bセットを注文。まだ、いまだに学校の人とは馴染めない私。ネコを被って参加。

先週DVDを借りたFさんに、自主制作映画をもっと宣伝したほうがいい!とか、余計なおせっかいしたりしてたら、やっと調子がでてきた。Fさんは私に本当は「仕事」と「シナリオ」の世界とどっちがやりたいことなの?と聞いてきて、今日の先生が「みんなチャンスをものにしないのよね~」と言っていたことを思い出す。テレビの世界に入る思いがけないチャンスがたとえ来たとしても、みんな怖気づいてしまうという話。

私に今までそんなチャンスは来たことはないが、自分からそのチャンスをものにしようと思ったことも一度もない…。むしろ、やはり他のひとと同じように困ってしまうだろう。そりゃ、チャンスをものにするためにがんばるのだろうと思うけど、「仕事」のことを考えると、今はやっぱり踏み出せないのは事実だ。もし、本気でやりたいと思っていたら、もっと積極的に行動するだろう。しかし、それをしないということは、いまの自分に満足しているってことだ。

先生は「お金をもらって勉強したほうが身につく」といい、お金を払って勉強しているのでは、明らかに上達度が違うという。確かにそのとおりだと思う。自分の「仕事」はお金をもらってやっていることだ。一方、お金を出して勉強している「シナリオ」は趣味の域を脱しないだろう…。

でも、「仕事」をしていると、いつもふと、自分の中に溜まっていく「言葉」や「感情」や「創造」を形あるものに表現し続けれる仕事だったらなんて素敵だろうかと思う。自分の創ったものでほめられたり、たくさんの目に触れて、喜ばれたりするのはやっぱり楽しいし、うれしいことだ。それによって、二次的な効果、たとえば、モノが売れたり、人が動いたりすることが、一番の目指すべきものなのかな…。

今日も雨の中、会社に行って仕事…してしまった…

コレ観たい~ムリそうだけどね~

マイナスターズライブ~その日雨だけどね~
に行きたい…。(何を隠そう、隠れファンです。公開してるから隠れてないけど)
マイナスターズの「ネガティブハート」聴いたことありますか?ネガティブハート
メロディー自体もなかなか聞かせる曲もあり、主には予想できないボケと突っ込みの連続で、何度も笑わせてくれる傑作集です。
ちなみに、私のお気に入りの曲は「当てさせて」で最高です笑
何度聞いてもほほえましくなります。

今年のさまぁ~ずライブも行けなかった。
チャンスは今度の土曜日だけど運動会と重なってる……
内Pもあと一回で終わりなのね…。

そして、全然関係ないけどこれ観てみたい。
さて、私が日常を抜け出せる日はいつのことやら…

ショートムービー

シナリオ学校で出会ったFさんが創っているショートムービーのDVDを貸して貰った。
自主制作映画なんて、大学時代にデザインフェスタに出展した際に映像スペースで観たとき以来だったので、緊張(?)というか、ドキドキしながら、新鮮な気持ちで見させて頂いた。

20分の作品が2本と、2分の作品が2本。
4本それぞれに特徴があって、恋愛モノが2本と、コメディが1本と、ホラーが1本だった。Fさんの作った恋愛モノは2分で、二人の性格が違う女性と一人の男性をめぐる関係が短い映像の中に凝縮されていて、観ただけで、誰が誰を好きで、どんな感情なのかっていうのがよく表現されていた。

作品それぞれを観ながら、カメラワークとか、俳優の動きとかしぐさ、編集の仕方などにテレビとは違う新鮮さが埋め込まれていて、自分が監督でカメラを持っていたら、こんな風に撮りたいな、っていう感覚がうまれたような気がした。普段、シナリオを書いているとき、その構成や内容にいつも頭を悩ませ、実際の映像をどうするかってことにあまり注意を払わないで書いていたことが恥ずかしい…。

観たのは CRAY Short movies 2004 の作品で、来月も上映があるみたいなので、これからはもう少し、まじめに私も映像作品という観点を持ってみようと思う。

手術室レポート~外科医は本当に格好よいか?~

私の仕事はお客の要求を聞いてそれを満たす情報システムを作ることです。
(たいした情報処理の知識はないが一応某ソフトウェア企業の社員です……)。

先日、K先生に「手術室を見たいのですが…」と言ってみたらあっさり「いいよ」って感じだった。

ちょうど研究対象の患者さんが居るからその人の手術を見学することを許してもらった。

毎週月と木の朝は7時半からカンファレンスを開いているから、それが終わる8時20分には来てくれ、と言われ関係者2人と一緒に手術室の前に集合した。Mさんは7時半からカンファをやっている会議室を横目に「さすが大学病院だ…」となぜかしみじみ感心していた。

部屋に入るとまず着替えをした。外科医は青、研修医は白、麻酔医はピンク、業者は黄色、など作業着の色が決まっている。しかし、なぜか青を着てと言われ、何も考えずに青の作業着を着た。

階全部が数十の手術室で構成されており、広々としていた。
手術中はずっと立ちっぱなしで、約3時間半に渡る手術の間、K先生とその教授による癌の摘出手術を観察させてもらった。

外科医は全部で5人居て、K先生、教授の他に主治医、研修医と手術道具を渡す女性の全部で5人で、後は看護婦が一人と麻酔医が一人でとても寂しい感じの手術だった。
緊迫した感じは全くなく、緊張しているのはこっちの方だった。

手術が始まると、K先生は「そんなところじゃ見えないだろ!もっとこっちに来い!」と傍に呼び
つけ、しまいには「カメラで写真撮って」とデジカメで写真を撮る作業を私に頼んだり、いろいろと説明などもしてくれて、とても大胆というか、寛容というか、すばらしいというか、大雑把というかそんな感じだった。

摘出手術の重要なところは教授が行い、それが済んでしまうと、教授はさっさと手術室を出て、残りはお腹を縫って元に戻す作業だけ。

その頃には、雑談したりしながら、K先生の手際のよさを拝見させてもらった。
ドラマで観ている「メス!」とか「汗!」とかそういうのも特にない笑。外科医の女性が常に使うものを瞬時に判断し、直に手渡すという形で、迅速に行われていた。

K先生には、時々院内PHSに電話がかかってきて、看護婦が出ると、K先生の耳にPHSを当て、「今?暇じゃない、オペ中だ!」とか言って、(手術中にまでいちいちでなくていいだろ…)とか思ったりした。

摘出した検体から研究用検体を切除する作業は、K先生はなぜか、私に向かって「できるよな?」とか言い出す始末。

結局、なんだかんだとやっているうちに、お昼を過ぎ、終わって部屋に戻れたのは午後3時半くらいになっていた。走り回ったり、緊張したり、K先生に怒られたり(?)していてすっかり疲れきってしまった。

お腹を切るところは、レーザーメスで細胞を焼いているためあまり出血せず、臓器も特に驚くようなものではなく、人間もカエルもほとんど同じような構造で特にびっくりはしなかった。
それよりも、自分が第三者として手術を観察し、緊張して作業をしていたことに疲れきった一日だった……。

しかし、その後よくよく考えると、非常識なK先生の態度も、私にとっては仕事の範疇を(大分)超えているが、とても親切で、そして大胆で、格好よい先生であることには違いないと、ふと、思うのだった…。

だらだらとキーボードを打って

金曜日の夜はお迎えに行って、その後ご飯食べてお風呂入って、寝かせて、一緒になって寝そうになっていたのをたたき起こされて、0時半くらいから徹夜してシナリオを完成させた。
次の日、お弁当を持って保育園に行こうとすると「なんで三つお休みなのに保育園なの?」と何度も何度も攻められた。
らーめん屋
学校に行ったら、私しか来てなくて、開始から45分たっても3人しか来てなかった。先生からのコメントは「もう少し、論文を書くというところに、もっと大きなかせを作って、今この論文を書かないければいけない、というのと、妻が病気で膵臓がんの研究をしたいというのを迷わせるのがいいのでは?」というものだった。
しかし、この世界に関しては皆、わからないようだった。まぁ当然だろう。

お迎えに行って、その後スーパーで買い物して、15時半ごろ家に着く。バタンキューとそのまま睡魔に襲われて倒れる。
18時半ごろ、再びたたき起こされて、夕飯を食べて、お風呂に入って、「女王の教室」の最終回観て、仕事を始める。0時半ごろまで粘ったが、頭痛がしてきて、意識が朦朧としてきたため、就寝。
昨日も朝から大変だった。

朝は強行して、仕事を実行。とりあえず、形にしてT先生にメールで送りつける。その後、汚い部屋としっぱなしの洗濯の続きを実行。部屋のおおそうじを始める。
終わったのは13時ごろで、お昼を作って、やっとご飯にありつける。
ソウタを外に連れ出さねばとおもいつつも、一緒に「69」を観て、
その後、17時頃やっと外に出かける。テーブルクロスとソファーカバーが欲しくて、家具屋を回ったがみつからなかった。

ソウタがラーメンを食べたいというので、ラーメン屋に入った。
二人でカウンターでラーメンを食べるという初体験をした(笑)
夜はやっぱり疲れて寝てしまった…。

さて、今日は仕事をしなければ…手術室レポートも書かないと……

ソウタギャラリー2

再び、ソウタの絵ギャラリー。
敬老の日
敬老の日に向けて作成したらしい
中は紙粘土で作った置物(?)
ろぼっと
ろぼっと
へらくれすおおかぶと
へらくれす
暇さえあればこればかり大量に紙を消費して書いている。

さかなのくに
さかなのくに
かざぐるま
かざぐるま
ふつーのかぶと
ふつーのかぶと


院内見学

はー疲れたー。

昨日から今日にかけて、病院内を調査した。

朝からいくつかの病棟内を回ったあと、
院内情報システムを調べる。
その後、K先生の興味で実験動物用CTのメーカーが来るからというので、一緒に説明を受け、夕方からはK先生所属の教授下の先生方が集まるカンファレンスに出席。その週にある手術患者の治療方針をCT画像を見ながらの議論を聞く…。

今日は午後から今週手術する患者さんにヒアリングリハーサル。
その後、本日手術した患者さんの臓器から検体を採取、凍結保存するまでを院内を行ったり来たりしながら実地見学。
外科医の感覚というものを改めて思い知らされる。
夕方はたいした用事ではなかったが、病理の先生のところに行って連絡。

一番驚いたのは、やっぱり今日の臓器から検体を採取する際のK先生の操作方法だろう。
分子生物学を学んでいるウェットと呼ばれる人たちがコレをみたらなんというだろうか。もし、私がこんな操作をしたら怒られるどころではないだろう。

あさっては初手術室に侵入。
今から楽しみ……☆
しかし、一般人はやっぱり臓器は見たくないものらしい。
うーん。私は興味津々だ…

沈没船

夕方、定時すぎてから、Yさんが「ちょっと、いい?」と私を呼びつけた。
(な、何?何も悪いことはしてないわよ…といっつも悲観的な想像をしてしまう私。笑)
図書室に向かうYさんの後をついていく私。
なぜかSさんも一緒…
(本当に何?何言われんの?全然、予想ができない!!心当たりもないし…ドキドキ……)
Sさん「実は、Yさんは今月で会社を辞めることになりました」
私「!?えー!?本当ですか?」
私、まじまじとYさんの顔を見る。
Yさん「(まじめな表情で)本当だよ。急だけどね」
私「えー…そんな、急ですよ…」
Sさん、ニヤニヤしている。
Yさん「ま、何か引き継ぎしないといけないこともないけど、一応、ユニットの人には順番に一人ずつ、話しているんだ」
(辞めるときまで、相変わらず律儀な奴!)
私「…Yさん、いつ、やめるんだろうって思ってましたよ!」
Yさん「え?ばれてた?」
Sさん「すでに、見破られてるじゃん」
Yさん「こっそり活動してたんだけどね」
私「…いや、だって……。ま、当然ですよね、こんな会社。当たり前ですよ。Yさんに限ったことじゃなくて、みんな。誰でも思いますよ」

Yさんは、大手メーカーに就職が決まっているのだそうだ。
そして、もう今の専門分野とは離れて、純粋に情報処理を扱うところに行くみたいだった。
私はバイオも面白いのに…と言ったけれど、
Yさん「それは、好みだよ。たとえば、パソコン分解して、組み立てて、ソフトインストールして、っていうようなこと、一晩中ずっとやれって言われたらやる?俺はやるよ。大好きだからね。そういうの。何時間でもやってられるよ」
そう、言い残して、何にも言えなくなって来たので、
私「……餞別、何かください」
Yさん「餞別~?え~何がいいんだよ、」

笑っていたけれど、私は結構ショックだった…。

今月末か……今期もあと三週間で終わる。
部長も居なくなる。
10月から、本当に新しい気持ちで仕事、できるのだろうか。
とても不安だ…。

はじめてインターコンチに足を踏み入れる。近いけど、なかなか入らない場所。

BioJapan
朝10時にインターコンチのロビーで待ち合わせだった。
(そもそもこんなところで集合するなんて、言いだしっぺの好み以外の何ものでもない……と思っていた)
9時45分くらいには余裕で到着したつもりが、Kさんは先に来て、ソファーで寛いでいた。雑談を交わしていて急に、Kさんは窓から見える横浜港の景色を見ながら、「きれいだよね」とか言って、内心、この人がわざわざここを設定した理由ってコレの景色を見たかったからか?!おいおい、と思った。

今日の目的は、毎週水曜日にやっている、現プロジェクトを事業化するための方法に関しての議論…まずはBioJapanに行って、プロジェクト立ち上げシンポジウムのパンフレット(やっとできた)を知り合いのブースに配って回る。

ヨコハマインターコンチネンタルホテル
その後、もういちどインターコンチに戻って、Kさんお勧めの横浜港の見えるラウンジでお茶。(値段、あんまりみてなかったけど、900円もするお茶って一体…出てくるの遅いし)
シンポジウムの打ち合わせと、N先生に今日締切りの論文の内容をチェックしてもらう。

やっとTさんが現れて、31階に移動してお昼ごはん。かりゅうっていうお店で食べた。驚いたのは、料理でもなく、景色もすごいけど、トイレ!入って、間違えたのかとおもったくらいトイレらしくない大理石のつくりで、ドアの女性・男性を表すマーク(?)も大理石でできていた…(写真取り損ねた)
ランチは飲茶と季節の野菜柔らかヤキソバ…(3000円くらい。)
こんなところでも、ノートパソコンを電源につないでN先生にチェックの続き…

その後、タクシーでKさんの知り合いの事務所(参議議員の事務所に初めて足を踏み入れた…)に向かう。そこでやっといつもの打ち合わせ。

電車に乗って、職場に戻る。

なぜかものすごい疲労感が襲ってきて、早々に帰ってしまった。
(お迎えも行きたかったしね)
論文出したし…ちょっと開放感……

ソウタギャラリー

2歳くらいの時の絵
いるか
いるか

3歳くらいの時の絵

でんしゃぞう
でんしゃ(左)とぞう(右)


とんで、最近の絵

静物画
トイレに貼ってある静物画
かぶと
かぶと
もじ
もじ
たこ
たこ
かお
かお
女の子
おんなのこ
もち
もち
お城
おしろ
手紙入れ
しゃしんいりてがみいれ
お花
おはな
レゴ作品
きょうりゅう?
こいのぼり
こいのぼり
最新の記事
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
アートイベント